2007年03月31日

『ウルトラマンメビウス』最終回

この一年、毎週わくわくと観ていた『ウルトラマンメビウス』が本日最終回。間に合うように『ヒカリサーガ』の鑑賞も済ませ、本放送ナマ鑑賞しました。いきなり最終回分だけ感想アップです(^^;

前回まででも感じましたが、やっぱりラスボス関係の演出がイマイチ……。今回も、メビウス最終形態とエンペラ星人との格闘が全然無く光線技だけで終わってしまい、燃えない戦闘シーンでした。ラストの別れのシーンも、妙に慌ただしい雰囲気が漂って、もうちっと余韻が欲しいところ。全体的には王道パターンだったので、それなりに盛り上がれはしましたけど。

やはり、40話「ひとりの楽園」と32話「怪獣使いの遺産」(特に40話)を削って「四天王編+最終章」にまわせば良かった……と思ってたのは、最後まで変わりませんでした。ただでさえいっぱいいるウルトラ兄弟をズラッと出すのですから、時間足りてませんって。時間に余裕があれば、メビウスも80最終回みたいな「ウルトラマンの休日」をちょっとだけ楽しんでから帰れたかも知れんのに。カレーの一杯くらい食べてから帰ろうよ(笑)

ツボだったところは、
★二手に別れて……というのは、たぶん44話「エースの願い」からの伏線かと思いましたがー、こういうのは意外と好きです。
★ミライ含むGUYSのみんながいい顔してたこと
★トリマルコンビが短い時間でやっぱり美味しいこと
★サコっちが渋くかっこいいこと(デフォルト状態ですが)
★ベタベタ展開で燃える、文字通りウルトラマンと共に戦うGUYS
★メビウス最終形態での次兄まねっこ(笑)

何はともあれ、毎週わくわくと「欠かさず見た」ウルトラシリーズってメビウスが初だったかと思います、確か。他のはちゃんと見てなかったり、見てても欠けてたりする薄い人なので(^^;A 新人ウルトラマン&GUYS隊員達の成長と、それを見守る大人たち、それぞれの交流が毎週楽しみでした。40周年お祭りウルトラにカンパイ。一年間ありがとう!

蛇足。メビウスの教官っぷりを想像すると燃え萌え(笑) 史上最強の萌えウルトラマン・メビウスの、どっかでの再登場を楽しみにしてみたりしますよっ♪

更に蛇足。リフレクト星人とインペライザーのフィギュア発売希望。

ウルトラマンメビウス ぴーぷるウルトラマンシリーズ&円谷プロ作品
にほんブログ村 トラコミュ ウルトラマンメビウスへウルトラマンメビウス
posted at 2007/03/31 Sat | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。無関係の記事や、一方的な宣伝記事等からのトラックバックは表示されません。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック