2007年12月24日

『レッツ学校!トレーニング編』をPSPに入れる

-どこでもいっしょ-レッツ学校!トレーニング編
・必要HDD・メモリースティック容量:40MB
・ゲームのセーブデータ保存に必要なメモリースティック容量:416KB
PLAYSTATION StoreからのDL販売のみ。DLには専用アプリ(現時点でWindowsXP&Vista対応版のみ)が必要。

上記PSP用ゲームをPSPに入れるまでのメモ。


メモリースティックの空き容量が、最低40MB+416KB必要です。お勉強パック(レツ学+PSPのセット)についていた32MBの物と、その後に入手した64MBしか持っていません。32MBは問題外として、これでは他にDLしたいものがあっても入りません、どうしましょう。
ということで、2GBのものを通販で購入。大容量メモステを買おうと思い立った頃(実はPS Store PC版オープン直後くらい)は512MBか1GBにする予定でしたが、いつの間にか値下げされていたので、予算内で容量倍。

三日後。片方がMini-BタイプのUSBケーブルが部屋のどこかに転がっていたはずなので探そうと思ったらば、最近購入したという金メッキ端子のUSBケーブルが目の前に!PSPは久しぶりに引っ張り出されたため、電池がありません。充電開始。

PSPとiBookをUSBケーブルで接続。64MBメモステがすんなりとマウントされましたので、iBook側HDDへセーブデータと写真(レツ学で壁紙用保存したもの)データをコピー。これをバックアップとして置いておきます。続いてPSPシステムソフトウェアのアップデータをPSP公式から落としてきて、64MBメモステにコピー。この時点で充電が足りなかったので、しばし放置。

充電完了を見計らってアップデート。

その翌日。PLAYSTATION Store(PC)のアカウントは以前作ってあったのでiBookでログイン、ウォレットに1,000円チャージ。

ここでようやくWindowsXP機を引っ張り出してネットに接続、ノートン先生&XPのアップデート確認後にPS storeへ。専用ダウンローダー「PLAYSTATION Network Downloader」をインストール。バックグラウンドで動くようなので、特に難しいことはなさそうです(今のところ)。

2GBのメモステ到着。年末で仕方ないと言えば仕方ないのですが、着指定は昨日でした佐川急便さん。と、ぶつくさ言いながらもいそいそと開梱、PSPに2GBつっこんでフォーマット。PSPとiBookをつないで、バックアップしてあったデータをコピー。

PSPにセーブデータがちゃんとコピーできたのを確認(と言いながら、面倒なので起動確認はしてないあたり(^^;A)。WindowsXP機にPSPをつないで、PS storeへGo。

PSP 用まいいつテーマ(必要空き容量512KB)もついでにダウンロード。その後、『レッツ学校!トレーニング編』と、無料体験版を3つ程(『勇者のくせになまいきだ』含む)カートにつっこんでお会計。ダウンロードボタンをクリックすると、PSPにコピーするのはダウンローダーがやってくれます。(ライセンス関係の処理もしているっぽい。)Mac対応のダウンローダーが出れば……(無理?)

プレイ準備ができました。
前述のサイト以外にPSP-FAQも参考にしました。

で、『レッツ学校!トレーニング編』です。序盤のメモと印象など。

カーナビさんより安い800円!というお値段からすれば、トレーニングの種類は沢山入ってお得感はあります。『レッツ学校!』のセーブデータがある状態で始めると「本作では「レッツ学校」(UCJS10039、UCJS18012)からセーブデータを引きつぐことができます。」と聞かれるので、そちらでたっぷり教えた漢字入り単語も引き継げます。トレーニング編では漢字入力ができないですし、しりとり等をする分には強化になって良いです。ただ、「習ってないコトバを教えて」とよく言われるので、困ることも多いのですが(^^;A

『レッツ学校!』の「特別授業」と「部活」が合体したような感じの「トレーニング」を1日3限、順番にこなしていくのですが、この順番というのが結構曲者で。はじめの方で苦手な「瞬間記憶」とか出て、己のダメダメっぷりを痛感したり(笑) 3限分のトレーニング合計で目標合計スコアをクリアすれば次の日には進めはします、一応。

まだそんなに進めていないので何ですが、トレーニングの1時限目、2時限目でハイスコア(80点以上?)を出すとコスプレ、3時限目ハイスコアでアルバム写真がもらえるような感じでした。(12/30追記:2時限目でアルバム写真がもらえる事もあったので、一定していないかようです。)コスプレは、各ポケピに着せるとその格好でトレーニングに出てくれます。開始前の段階で、トロ専用「古代人」がコスプレ帳に入っていました。コスプレ装備による特殊能力などは無さそう?で、着せ替えを楽しむだけのようです。

1限ごとにハイスコアを叩き出していかないと「コスプレ」「アルバム写真」が集まらないというのは、個人的にちょっと残念(^^;A レツ学の場合だと、のんびりプレイしても特殊条件の要らない普通コスプレは揃えられるし、アルバムもスコア関係なさそうですし。ひたすら部活(脳トレ)をやりたい人向けのゲームで、“熱血トレーニング”を前面に出してきてる商品ですから、ポケピとのまったり会話を求める方が間違ってるのは承知していますが(^^;A 


ビミョーに萎えたところで『勇者のくせになまいきだ』初体験版をやってみたら、こっちも忙しい部分が多大にあるものの、腰が低いんだかなんなんだか解らない魔王のキャラとかネタのちりばめ方とか、シンプル操作で深いとことか、なによりドット絵がいい感じですがな。『レミングス(初期のドット絵版)』に近いものがあります。『CC-FF7』も積んでるのにヤバい(^^;A 面によってはクリアできなさそうでも破壊神業が面白そうで(^^;;;;;

なんだか酷いオチの記事になりました…いやはや(^^;

12/30追加のトレ編メモ:
3限×12日で卒業っぽく>エンディング>3限×2日分のトレーニング追加。環状線来た!と喜ぶ関西人σ(^^;>終了後タイトルへ戻る。「つづきから」選択で二周目突入。
二周目は…全員のリネームOK、目標スコア+10点(70点)、スコアブック&アルバム持ち越し、コスプレ持ち越し+トロ専用サンタ、日をまたいで好きなトレーニング実行可能。



関連記事:
『まいにちいっしょ』PSP用カスタムテーマ
『−どこでもいっしょ− レッツ学校! トレーニング編』

どこでもいっしょPeople
にほんブログ村 トラコミュ どこでもいっしょへ
どこでもいっしょ

posted at 2007/12/24 Mon | Comment(0) | TrackBack(0) | どこでもいっしょ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。無関係の記事や、一方的な宣伝記事等からのトラックバックは表示されません。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック